『国際諜報局 プレミアム・エディション』DVDオフィシャル・ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画質の比較3 ナンバープレート
 敵のグランツビーが乗る車のナンバープレートのアップです。

 プレミアム・エディション版は、バンパーの反射がきれいに出ています。AB版は、コントラストが強すぎて、反射のディティールが飛んでしまっています。またAB版は、プレミアム・エディション版に比べ、なぜが左右が少しカットされています。このシーンでも、向かって左のライトが欠けています。

※画像をクリックすると拡大します。

gazou003

スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

画質の比較2 新聞
 タイトルバックで、パーマーが新聞に鉛筆でマルをつけるシーンです。

 プレミアム・エディション版は、肌の自然な色合いが出ていて、なおかつ粒子がなめらかです。AB版は、コントラストがやや強いため、エッジはくっきりしていますが、粒子が粗くなっています(動画だとはっきり判ります)。また、親指の爪の上にフィルムキズが残っています。

※画像をクリックすると拡大します。

gazou002

テーマ:DVD - ジャンル:映画

画質の比較1 タイトル・ロゴ
 「国際諜報局」は、日本では過去VHSしか発売されなかったので、高画質と評判の米国AnchorBay版と今回のプレミアム・エディションの画質を比較してみます。

 英ITV Global Entertainment社が、時間とお金をたっぷりかけてネガテレシネした超高画質HDマスターを使っていますので、DVD用のmpeg圧縮をかけても、細かい部分はくっきり出ています。また、HDマスターは、本来の自然な色合いが復元されています。

 AnchorBay版(以下AB版)は、赤みとコントラストがやや強いため、白が飛んでいます。Len Deitonの文字や、Ipcress Fileのロゴは、各文字が縦線で割られたデザインがされているのですが、AB版では縦線がつぶれています。また、コーヒーミルを抑えるパーマーのパジャマの袖は、AB版では反射が強すぎて布地の色が出ていません。

※画像をクリックすると拡大します。

gazou001

テーマ:DVD情報 - ジャンル:映画


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。