『国際諜報局 プレミアム・エディション』DVDオフィシャル・ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターを探せ(その2) HDマスターの状況
「スクィーズのシネスコにできるかやってみる」

 その言葉の意味は、4:3のマスターを、天地を切って上下に引き伸ばすという、恐ろしい計画だったのです! 

 いや、やめて。マジで。 

 米ユニバのマスターが使えないことが判明したので、アメリカ以外のDVDの状況を調べることにしました。すると、どうも米・日などの一部の国以外は、イギリスの某社が権利を扱っているようです。その会社(仮にG社とします)とは別の作品で取引もあったのでマスターについて問い合わせてみました。

「つい最近、HDリマスタリングしたばかりだよ」

 グッド・タイミング!

 この事実を権利元に伝えると、権利元がG社と交渉してHDマスターを取り寄せることを約束してくれました。ふう…一安心です。

「だが、渡せるのは早くて秋だ」

 なして秋? もうHDマスターは出来上がっているというのに(その理由は後で判明するのですが…)。しかし、待つしかありません。

これまでもマスター関係では痛い目をみているので、HDマスターの条件を詳しく相手につたえます。

 1.HDマスターのフォーマットは、NTSCに適したものであること。
 2.ランニングタイムは、劇場公開作と同じ108分であること。
 3.もし、2.が用意できない場合は、PAL形式のHDマスターを提供すること。

 3.の場合、PAL素材がフィルムの24コマ/秒を、25フレーム/秒で記録するため、フィルム1秒分につき1/24秒ずつ早くなってゆきます。本来108分の「国際諜報局」は、PALマスターでは103分になります。ですがマックス君に頼めば、108分に伸ばしてくれるので無問題。(PAL→NTSC変換を劣化させずに再生時間を伸ばす詳細は→こちら

 リクエストについて、G社は「大丈夫、108分のNTSC/HDマスターは、ちゃんと作れるから」と言ってきました。

 ああ、それなら安心だ。

 …作れるから?

 …なにを?

 …ちょ!
スポンサーサイト

テーマ:DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ipcressdvd.blog39.fc2.com/tb.php/18-89070889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。