『国際諜報局 プレミアム・エディション』DVDオフィシャル・ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターを探せ(その3) ビッグ・ミステイク
 秋も深まった頃(実際は、ほとんど冬)、ようやくHDマスターが到着しました。いやあ、やっとDVDの中身が作れるよ!(すでに発売スケジュールぎりぎりだけどね)

 マスターの入っているプラスチックのケースを開きます。中に「ジョブシート」と呼ばれる紙が一枚入っています。これは、マスターテープの情報(形式や、音声、ランニングタイムなど)や、修正などの記録を書き記す書類です。通常、海外・国内にかかわらず、スタジオ作業を経たテープ類には、必ず添えられるスタンダードな書類なのです。念のため、ジョブシートに書かれたランニングタイムをチェック。

 103分18秒

 (;゚д゚)

 (つд⊂)ゴシゴシ

 103分18秒

 (つд⊂)ゴシゴシゴシゴシ

 103分18秒

 工エエェェ(;゚д゚)ェェエエ工

 108分じゃないのかよ! 

 顔面蒼白でHDマスターをオーサリング会社に運び、再生してもらいます。G社は108分のマスターを提供すると保証してくれたのだから、単なる表記ミスのはず。そうであってくれ…

 「やはり103分18秒です」
 
 オーサリング会社からの連絡は無情なものでした…
スポンサーサイト

テーマ:DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ipcressdvd.blog39.fc2.com/tb.php/19-0b77aa5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。