『国際諜報局 プレミアム・エディション』DVDオフィシャル・ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターを探せ(その4) マックス君にお願い!
 送られてきた「国際諜報局」のHDマスターは、PALマスターを変換しただけのもので、ランニングタイムは103分でした。権利元を通じてG社に問い合わせると、「108分のNTSC/HDマスターのはずだ」の一点張り。ジョブシートのコピーを送って「あんたらが記入したシートでしょ」と詰めても、頑として認めません。

 このままでは発売が遅れてしまうので、「もういい! PALのHDマスターを自分たちで変換するから、マックス君のところへ送ってくれ」と依頼しました。マックス君の会社の技術なら、画質・音質を変化させることなく、103分のPALマスターを、NTSCに変換しつつ108分に伸ばすことができるからです。(詳しくは「狼の挽歌デラックス版」オフィシャルブログの→こちら参照)

 G社のHDマスターは、無事マックス君のところへ到着。彼によると、変換作業は3営業日でOKということでした。順調にゆけば、作業開始から5日後には日本に届くはずです。

 しかしマックス君より緊急連絡が!

 「これ、PALのHDマスターじゃないよ」

  …ちょ!
スポンサーサイト

テーマ:DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ipcressdvd.blog39.fc2.com/tb.php/20-5f979d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。